ホーム TOP > フォルダ 都道府県 > フォルダ 山形 > フォルダ 鶴岡

2017.06.24.

鶴岡でヒョウガライトヒキクラゲを見よう


山形県鶴岡市からのニュースです。6月1日から、鶴岡市立加茂水族館で、「ヒョウガライトヒキクラゲ」の展示が始まっています。

「ヒョウガライトヒキクラゲ」は、学名は「Acromitus maculosus」。成長すると傘の部分がその名の通りヒョウ柄になる珍しいクラゲ。大正3年に見つかり、その後100年余り発見例がなかったそうなんですが、2013年に広島大学の研究チームがフィリピン海域で再発見、2016年に初めて繁殖に成功したという希少な種類。
情報元ソース:ねとらぼ 世界初! ヒョウ柄の模様を持つクラゲ 江ノ島・鶴岡・北里大学の水族館で展示スタート
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000030-it_nlab-sci
展示されるのは世界初で、この鶴岡市立加茂水族館の他、国内の水族館2館でしか見ることができないようです。

ヒョウ柄の模様は大小様々ですが、関係者は「生まれたばかりの頃はヒョウ柄はなく、成長するにつれて発現するようだ」と話しています。今回、鶴岡市で展示される生体は傘の直径が1センチから6センチ程度まで成長した個体で、成長したものはヒョウ柄に変化しているそうです。

鶴岡市の関係者は、「何を食べるのか、寿命はどのくらいなのか、まだまだ分からないことばかりですが、ぜひ一度見てほしい」とコメントしています。

生命体の模様や柄は、保護色のような役割を果たすことが多いように思いますが。このクラゲはそもそも何からの保護でヒョウ柄に変化したのでしょうか。そもそも、私たちはヒョウ柄と認識していますが、実は深海には私たちの知らない神秘の世界があり、その様相を表す一端ではないのかという気もします。

コメントにもあった「何を食べて、寿命はどのくらいなのか」というのも、気になるところ。フワフワユラユラしたあの体でどのようにして栄養を摂取しているのか。水中で生活するからこその性質、体質、形状。もしクラゲが進化して、陸上に足を踏み出すことがあるなら、どんな生き物になっているのか、気になりますね。


 執筆:街コミNAVI編集部
鶴岡の水族館にお泊まり
(2019年2月13日に書かれたコラムです) 大きな水槽で様々な魚が泳ぐ姿を見ることができる水族館は多...
お泊り水族館 in かもすい(鶴岡)
水族館はお好きですか? 水族館が好きでよくいくという人もいると思いますが、どんなに水族館が好き...
鶴岡のどんがら汁
皆さんは「まつり」と聞くとどんな季節を思い浮かべますか? 神事としての祭りにしても、イベントと...
鶴岡の日本酒メーカーWAKAZE
世界では日本の文化や技術が以前から高く評価されていて、最近では観光客の増加との相乗効果でさらに注...
鶴岡で野生のアザラシを保護
水族館はお好きですか?最近行っていないという人もいると思いますが、誰もが一度は訪れたことがあると...
クラゲドリーム館(鶴岡市)
夏本番、暑い日が続いていますね。こうも暑い季節には、行きたくなる場所やイベントなどがあると思いま...
高校生バイオサミットin鶴岡
皆さんは学生のころ理科は好きでしたか?理系科目は特に苦手な人も多いですし、科学や生物など、苦手だ...
鶴岡のシルクが日本遺産に認定
日本遺産制度は知っていますか?意外に認知度の低いこの制度、実はまだ始まって3年の制度で名前の通り、...
日本酒ベンチャーが鶴岡で企業
鶴岡から世界へ。日本酒を発信しようと、「日本酒ベンチャー」が鶴岡で起業しました。 仕掛け人は元...
鶴岡にてアマゾン基金設立
皆さんは何かのコレクターであったり、何か熱烈な趣味を持つマニアだったりしますか?世の中には実に様...
鶴岡で確実セフレ出会い
鶴岡で確実に出会えるサイトを探しているあなた!『サクラなし』『迷惑メールなし』…
鶴岡 出会い
鶴岡で『出会い』を求めるにはどのような方法があるのでしょうか?
鶴岡でセフレ
山形・鶴岡でセフレを探したい。そんな方の為に『セフレが見つかるノウハウ』を公開しています。
鶴岡 ゲイ仲間の見つけ方
ゲイのパートーナが見つかるサイトを紹介。
本サイトに掲載されている文章やロゴについて、一切の転載・無断コピーを禁じます。
Copyright © 街コミNAVI All Rights Reserved.