ホーム TOP > フォルダ 都道府県 > フォルダ 鹿児島

2018.08.10.

鹿児島のウイスキー製造所「嘉之助蒸留所」が一般公開


(2018年4月30日に書かれたコラムです)

鹿児島からのニュースです。

鹿児島といえば…焼酎などの蒸留酒が有名ですが、焼酎メーカーの「小正醸造」が4月28日、ウイスキー製造所「嘉之助蒸留所」の一般公開を始めたと鹿児島経済新聞が報じています。

この一般公開では、ウイスキーが出来るまでの工程を各コーナーでパネルや製造釜を見ながら説明するこの企画、造りたてのウイスキーの試飲もできます。
情報元ソース:小正醸造株式会社 嘉之助蒸溜所いよいよ4月28日オープン!
http://www.komasa.co.jp/news/detail/272
「小正醸造」のウイスキーは1957年(昭和32年)、二代目の小正喜之助さんが日本初のたる熟成焼酎「メローコヅル」を作る過程で使った樽を再利用して作っています。

海外25か所に焼酎を輸出しているという小正醸造では、昨年11月14日、二代目社長の「南九州地方でしか呑まれていない焼酎を全国に広めていきたい」といいう思いを引き継ぎ、四代目社長の小正芳嗣さんがウイスキーの製造に乗り出しました。

小正さんは「全国でも焼酎を飲んでいただいているが、次なる展開を考えて行きたい。一般公開では、ジュースなども用意してありますので、お酒などが飲めない方やご家族連れでも気軽に来てほしい。蒸留所から見える景色や空間などを楽しんで過ごしていただければ」と話しています。

会場ではファーストボトル「KANOSUKE NEW POT」(2700円)を3000本限定で販売。開催時間は午前10時から午後5時まで、5月1日以降は入場料1000円、要予約となっています。

確かに地域によってお酒の取り扱いは違いますし、地方によって飲めるお酒は変わって来ます。旅行などに行って初めて飲むお酒もありますが、それはそれで旅の醍醐味だとは思うので、すべて全国流通して欲しいとは思いませんが。

作り手の熱意が強ければ強いほど、たくさんの人に伝えたいという思いは募るものだと思います。これを機に「小正醸造」のお酒が広がれば良いと思います。


 執筆:街コミNAVI編集部
40回続く鹿児島の音楽イベント「霧島国際音楽祭」
(2019年7月23日に書かれたコラムです) 鹿児島で歴史ある音楽にまつわるイベントといえば「霧島国際...
鹿児島の大規模な「さつま黒潮きばらん海枕崎港まつり」開催
(2019年7月22日に書かれたコラムです) 日本では夏になれば全国各地で夏祭りが開催され、その規模の...
鹿児島・蔵元八義の話題のかき氷
(2019年7月18日に書かれたコラムです) 夏が近づくと食べたくなる食べ物の一つにかき氷を挙げるとい...
鹿児島県内の観光効果について意見交換
(2018年8月31日に書かれたコラムです) 続いても鹿児島県からのニュースです。 鹿児島県内の観光...
鹿児島・山形屋で旬の農産物販売
(2018年8月31日に書かれたコラムです) 鹿児島県内で生産された旬の農産物を販売するイベントが、現...
富士ゼロックス鹿児島が、西郷隆盛の書いた手紙を最新技術で複製
(2018年8月31日に書かれたコラムです) 大河ドラマでおなじみ、鹿児島県出身の人物「西郷どん」こと...
鹿児島空港で新茶をPR
(2018年4月30日に書かれたコラムです) そろそろ新茶の季節。鹿児島といえば「知覧茶」「鹿児島茶」...
鹿児島県立博物館の内部が27年ぶりにリニューアル
(2018年4月30日に書かれたコラムです) 鹿児島県からのニュースです。 1991年以来、27年ぶりに展...
羽田発鹿児島行き"西郷どん塗装機"の初便が就航
(2018年4月30日に書かれたコラムです) 現在の大河ドラマといえば「西郷どん」。そう、鹿児島のスー...
2回目の開催「鹿児島中央駅バル街」
(2018年4月30日に書かれたコラムです) 鹿児島県からのニュースです。鹿児島県の玄関口といえば、や...
鹿児島の出会いは楽勝スレッド
新しくスレッド立ててみました。お前ら、俺が鹿児島でいかにセフレ作ったか話聞く?
鹿児島 出会い
鹿児島で『出会い』を求めるにはどのような方法があるのでしょうか?
鹿児島でセフレ
鹿児島・鹿児島でセフレを探したい。そんな方の為に『セフレが見つかるノウハウ』を公開しています。
鹿児島 ゲイ仲間の見つけ方
ゲイのパートーナが見つかるサイトを紹介。
本サイトに掲載されている文章やロゴについて、一切の転載・無断コピーを禁じます。
Copyright © 街コミNAVI All Rights Reserved.