ホーム TOP > フォルダ 都道府県 > フォルダ 三重 > フォルダ 

2019.09.03.

石水博物館(津)にて『三重の先賢たち』開催


皆さんは博物館にはよく行かれますか?

小さなころは遠足などで言った覚えがあるけど、大人になってからは行った記憶がないという人も 多いのではないでしょうか?しかし、今行ってみると子供のころにはわからなかった発見なども あって面白いものです。

地域に関連する企画展などが多いのも地域の博物館の特徴ともいえますね。

三重県津市の博物館では、地元三重に焦点を当てた企画展が開催されています。
情報元ソース:産経新聞 郷土の先賢、足跡たどる 津・石水博物館で名品展 本居宣長、わび状の下書きなど
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160821-00000024-san-l24
開催しているのは津市垂水の石水(せきすい)博物館で 企画展の名前は所蔵名品展「三重の先賢たち」と言います。

石水博物館は、木綿問屋を営む伊勢の豪商だった川喜田家の資料を保存する博物館なのですが 川喜田家は江戸時代から明治時代にかけて、三重の名だたる文化人たちと幅広く交流してきた 名家だそうです。

今回の展示では特に、谷川士清、本居宣長、松浦武四郎の三人に関する資料を中心に 展示しています。本居宣長は言わずと知れた江戸時代を代表する国学者で、師である賀茂真淵に 宛てた書状などを展示。

谷川士清は日本初の五十音順の国語辞典「和訓栞(わくんのしおり)」を編纂した津出身の 国学者で、その和訓栞(わくんのしおり)の稿本が展示されています。

そして、探検家、松浦武四郎は代表作である、蝦夷地の調査で出会ったアイヌの人々の生活を ありのままに伝える「近世蝦夷人物誌」などが展示されているとのこと。

先述の3人は江戸時代の人たちですが、明治以降も、川喜田家代当主のもとには三重県ゆかりの 俳人や画家などが集いました。今回の展示では、そんな文化人たちとの交流により蓄積されてきた 川喜田家のコレクションをはじめ、川喜田家当主が特に力を入れて収集した三重県に関する 文化財をみることができる貴重な展示となっています。

日本の歴史的に見ても貴重なものばかりですので 是非、興味のある人は津まで足を運んでみてくださいね。


 執筆:街コミNAVI編集部
高田短期大学と中勢農林組合が津の木を使って遊具作り
(2018年3月21日に書かれたコラムです) 近年、テクノロジーが発達し、私たちの生活に電子機器が欠か...
津で企画「はじめてみようNPO」
皆さんは、NPOなどの団体の活動に参加したことはあるでしょうか? 意識したことはなくても、NPOが主...
津の旧明村役場庁舎が移転
皆さんの住んでいる地域には、戦前から残っているような歴史ある建造物はありますか? そうした昔か...
津市の学校でウォーカソン
募金活動には普段、参加しますか? 全国様々な場所で街頭募金などを行っていますし、そうした活動を...
津市出身の女子レスリング選手が世界選手権で優勝
東京オリンピックが3年後に迫り、様々な競技の日本代表選手の活躍にも注目が集まる現在ですが、ちょうど...
津市で『わたしの時刻表』サービス開始
皆さんは普段、公共交通機関などを利用しますか?バスや電車を毎日利用する人だと、毎日乗るのが何時何...
津山中央病院が運用する『結カード』
高齢化社会が進む中、同時に起こっている課題が医療に関する課題ですよね。 医師にかかる人の人口が...
サオリーナ(津市)
皆さんの住んでいる地域には、公立の施設は複数ありますよね?公民館や図書館などは、各地域ごとに比較...
津市の職員をロンドンに派遣
年々確実に進んでいく国際社会化。インターネットが発達し、日本でも訪日外国人観光客の数は増え続け、2...
津市のバス会社がマイナンバーカードと連携したポイントサービスを導入
どんどんと高齢化が進んでいく日本社会。そうした中で大きな問題となっていることの1つが、高齢ドライバ...
津で確実セフレ出会い
津で確実に出会えるサイトを探しているあなた! 『サクラなし』『迷惑メールなし』…
津 出会い
津で『出会い』を求めるにはどのような方法があるのでしょうか?
津でセフレ
三重・津でセフレを探したい。そんな方の為に『セフレが見つかるノウハウ』を公開しています。
津 ゲイ仲間の見つけ方
ゲイのパートーナが見つかるサイトを紹介。
本サイトに掲載されている文章やロゴについて、一切の転載・無断コピーを禁じます。
Copyright © 街コミNAVI All Rights Reserved.