ホーム TOP > フォルダ 都道府県 > フォルダ 北海道 > フォルダ 帯広

2018.02.26.

帯広の中華店がアレルギーでも食べられる中華まん開発


帯広市内にある中華レストラン「神龍シェンロン」は昨年7月にオープンしたばかりのお店。「お客様の願いを叶える」がコンセプトのこちらのお店では少し変わった「アレルギー対応中華まん」というものを販売されています。

そもそも中華まんの中身って?お肉?とお思いの方も多いですが、もちろん代表的な食材として、鶏肉、豚肉、大豆などがあります。
情報元ソース:十勝毎日新聞 アレルギー対応中華まんを発売 帯広市内「シェンロン」の平松さん 米粉とベジミート使用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00010001-kachimai-hok
その中でも、卵、乳、小麦、そば、落花生、カニ、エビ、なども含まれおり、この7つの食材が「7大アレルゲン」といわれるもので、アレルギーで食べられないという方も多いようです。

店主の平松一海さんは帯広の市民団体「アレルギーを考える会」の研究会員。この団体は、帯広市内だけではなく、食品店なども含め100世帯以上広がっています。

そんな平松さんは昨年2017年にこの会の30周年に合わせて「レシピ開発部会」の会長に就き、レシピ開発に挑戦。

小麦ではなく米粉で中華まんの食感を出すところから始まり、独自の材料を見つけ、米粉の肉まんが完成。その後、「ベジミートを使おう」というアイデアが生まれたそうです。

同研究会員の伊藤こころさんが専務を務める帯広市内の自然食品店ナチュラル・ココではオリジナルのベジミートを商品化されており、同製品を組み合わせ、平松さんのベジ肉まんは完成した。一個350円。

「食べたくても食べられない人のために、どうしても作りたかった」と話す平松さんの帯広にある中華レストラン「神龍シェンロン」

中華が大好きだ!ずっと中華まん食べたかったんだー!という方は是非、帯広へ!シェンロンへ!


 執筆:街コミNAVI編集部
帯広メロンの果汁を使ったカクテル
(2018年8月30日に書かれたコラムです) みなさんはフルーツといえば何がお好きでしょうか?フルーツ...
帯広市の栄養士が開発を進めるオビリースープ
日本では「食育」という言葉が広く認知されるようになり、関心を集めていますが、特に身近な食育の場と...
帯広で三十路式
今年も新しい一年が始まり、全国各地で様々なイベントごとやお祭りなどが開催されていますね。中でもこ...
岩内仙峡(帯広)をドローン撮影
日本全国には様々な美しい景観を見ることができる場所がありますが、そんな中でも今、帯広にあるとある...
帯広空港の公式キャラクター「空(くう)」
先日はゆるキャラグランプリが閉幕したばかりということもあり、ここ数ヶ月はゆるキャラ・ご当地キャラ...
北の屋台(帯広)が通算来園者200万人を達成
季節は夏から秋へと移り変わり、食欲の秋がやってきていますね。グルメイベントも各地で開かれています...
帯広で靴磨きワークショップ
皆さんはモノ持ちはいいほうですか? 日本語の「もったいない」は世界中で認知されるようになりまし...
帯広信用金庫が結婚相談所窓口を開設へ
最近は恋愛に積極的な若者が減っているといわれて、ニュースなどでも話題となっていますよね。婚活とい...
帯広市が主催する『ばんえい競馬』
皆さん、競馬はお好きですか? 賭け事として、スポーツとして競馬を愛好している人は多いと思います...
帯広『農家のお弁当』
地域の活性化が目指される中で注目されるキーワードの1つとなっているのが、地産地消ですよね。地域で経...
帯広で出会いに挑戦してみた
仕事の転勤で、北海道の帯広にやって来た。しばらく、こっちで働くことになったんだけど…
帯広 出会い
帯広で『出会い』を求めるにはどのような方法があるのでしょうか?
帯広でセフレ
北海道・帯広でセフレを探したい。そんな方の為に『セフレが見つかるノウハウ』を公開しています。
帯広 ゲイ仲間の見つけ方
ゲイのパートーナが見つかるサイトを紹介。
本サイトに掲載されている文章やロゴについて、一切の転載・無断コピーを禁じます。
Copyright © 街コミNAVI All Rights Reserved.