ホーム TOP > フォルダ 都道府県 > フォルダ 三重 > フォルダ 松阪

2016.10.10.

松阪にて『世にも稀なる蝦夷屏風』


皆さんは、北海道という地名がいつから使われるようになったか知っていますか?

中高の社会の時間に習ったように、もともと北海道の昔の呼称は長らく「蝦夷地」で 北海道ではありませんでした。

北海道が北海道と呼ばれることになったのは、明治時代になってから。 明治政府は開拓使の設置に伴い名称の変更を検討しましたが、そんなときに命名者として 白羽の矢が立ったのが、蝦夷地探査やアイヌとの交流を続けていた松浦武四郎で、彼の案から 現在の「北海道」という名前が使われるようになりました。

そんな北海道の名付け親として知られる松浦武四郎は、現在の岐阜県松阪市出身。
情報元ソース:産経新聞 北海道の名付け親・松阪出身の松浦武四郎作の蝦夷屏風の保存修理完了
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000013-san-l24
松阪市には松浦武四郎記念館があるのですが、その記念館で秋の特別展「世にも稀なる蝦夷屏風」が 開催されています。

今回の展示の目玉は、国の重要文化財にも指定されている「蝦夷屏風」。これは松浦武四郎が 蝦夷に関する手紙や蝦夷地での領収書などを貼って作ったという変わった屏風で、平成6年に 記念館が開館する際に武四郎の生家から寄贈され、平成7年に初公開されましたが、傷みなどの 恐れから3カ月の公開期間後は長らく収蔵庫で保管されていました。

平成25年から2年かけて保存修理が行われ、最近ようやく修理が完了して、じつに21年ぶりに 公開されているんだそう。保存修理の過程でも多くの文書が屏風から発見され、解読が進められる など、歴史的な史料としても大変な価値のあるものとなっています。

特別展は11月20日までの開催ということなので、この貴重で珍しい屏風が気になった人は 是非、松阪まで足を運んでみてくださいね。


 執筆:街コミNAVI編集部
松阪市の初午大祭
日本では各季節に合わせて、昔から様々な行事が行われますよね。 今でも誰もが行っている行事もあれ...
松阪の第三銀行が中小企業の経営者に向けウェブサイトをオープン
普段、銀行は利用しますか?この時代、銀行を全く利用しないという人はほとんどいないと思いますが、皆...
日本一の松阪牛が決定
誰もが一度は日本一のお肉を食べてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか? 日本全国には様...
松阪市で新たな企業連携の動き
現在、自治体と企業の連携が活発になってきていますよね。 企業倫理がこれまで以上に取りざたされる...
松阪で開催「和牛サミット in MATSUSAKA」
日本の食は世界中でも高い評価を得ていて、食材にしても料理にしても、日本ならではのものが多いですよ...
松阪の『猟師かんこ踊り』
今年のお盆はどのように過ごしましたか?実家に帰ってゆっくり過ごしたという人も多いと思いますが、お...
松阪市で健康安全運転講座
現在、日本が抱える大きな課題の1つが高齢化社会についての問題、特に高齢者ドライバーによる交通事故の...
朝田寺(松阪市)で牡丹が見頃
気候も温かくなってきて、すっかりと春がやってきましたね。 多くの花が見ごろを迎える季節となって...
松阪新電力事業が開始予定
地域活性化を巡る現在の日本社会の中で重要なキーワードとして注目を浴びているものの1つが「地産地消」...
松阪牛まつり
松阪と聞くと何を思い浮かべますか?多くの人が松阪牛を思い浮かべたのではないでしょうか? 食べたこ...
松阪の出会いは楽勝スレッド
新しくスレッド立ててみました。お前ら、俺が松阪でいかにセフレ作ったか話聞く?
松阪 出会い
松阪で『出会い』を求めるにはどのような方法があるのでしょうか?
松阪でセフレ
三重・松阪でセフレを探したい。そんな方の為に『セフレが見つかるノウハウ』を公開しています。
松阪 ゲイ仲間の見つけ方
ゲイのパートーナが見つかるサイトを紹介。
本サイトに掲載されている文章やロゴについて、一切の転載・無断コピーを禁じます。
Copyright © 街コミNAVI All Rights Reserved.